会社沿革

 1968年 (昭和43年)    

伊那市東春近において光学部品の加工を目的とした春日製作所を設立

1973年(昭和48年)   

工場を増設し、治工具類の製造開始

1976年(昭和51年)       

現在地に工場新築移転

1977年(昭和52年        

法人組織に改め、有限会社春近精密を設立    資本金400万円

1980年(昭和55年)     

発工場を増設し、自社設計開発による省力機械の製造に着手 

資本金800万円に増資

1981年(昭和56年)    

省力機械設計、組立工場増設

1982年(昭和57年)    

組織を有限会社より株式会社に変更し、社名を株式会社春近精密に改める

レンズ研磨機、カシメ機等の製造・販売の開始  資本金1,000万円に増資

1983年 (昭和58年)       

全自動研磨システム完成   マシニングセンター、CNC旋盤の導入

1984年(昭和59年)    

管理棟を増設

1986年(昭和61年)      

部品製造工場増設

1988年(昭和63年)    

組立工場増設

1990年(平成2年)    

国内外の受注増大により、新管理棟、開発棟増設

1993年(平成5年  )   

遊星方式研磨機関発

1997年(平成9年)    

竪型芯取機関発

1999年(平成11年)    

大径研磨機関発

2009年(平成21年)  

NC研磨機関発